クールベールガラス

ここでは、「クールベールガラス」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弊社では、フロント・ガラスの交換時に「クールベール」に交換することを強く薦めてます。
220654_img04_01.jpg

理由は、フロントガラスが中赤外線を90%以上、紫外線を99%以上カットする高性能ガラスだからです。

ここで、ガラスなんて全部一緒じゃないの?と疑問をお持ちする方がほとんだと思います。

ですが、今は車のフロントガラスも、機能で選ぶ時代になってきてるのです。

フロントガラスは基本構造として[合わせガラス]がほとんどです。

合わせガラスとは、2枚のガラスの中間に樹脂膜を挟んだ構造なのですが、どうしてそんな構造なのか。

それはガラスが割れた際の危険性を、大幅に抑えるからです。

対貫通性・耐衝撃性に優れ、また割れた際の飛散も起きにくいため、人を守るという点については素晴らしい機能なのです。

その素晴らしい合わせガラスの中間膜にIR(赤外線)カット剤を練りこんだ事により赤外線による熱さ感(ジリジリ感)を抑える事に成功したのが、自動車用ガラスのトップメーカーAGC旭硝子が開発したクールベールです。

220654_img04_02.jpg

これにより真夏の暑く煮えたぎってるような車内温度が短時間で抑えられたり、まったく熱くて握れないハンドルもクールベール付きの車と比べるとハンドルの温度差が10℃以上も差が出た事も発表されてます。

ちなみにこういった例はありませんでしょうか?

運転の際、暑さでガンガンエアコン温度を下げてると、前部シートの人が涼しくて後部シートの人が寒さを感じた事はありませんでしょうか?

理由はもうお分かりですね。

太陽光をどうしても浴びてしまう前部シートの人はそういったケースの場合、我慢してエアコン温度を下げないであまり快適ではないドライブをした方、必ずいらっしゃるはずです。

それも後部シートに赤ちゃんを乗せてるとなると尚更我慢しなきゃいけないですよね。

そんな問題も、クールベールを装着していれば、強くエアコン設定をしなくても十分に温度が下がります。

そうすれば、後部シートの人も寒がらずに、全席で快適なドライブ空間は実現。

さらに、エアコンで下げる時間が短縮される=燃費面でも良くなり、エコロジーにも貢献出来るという、本当にクールベールはプラス要素ばかりなのです。

UVカットガラスとIRカット剤により実現した中赤外線90%以上、紫外線99%以上カットの高性能ガラス。

ぜひ一度、ヒビ割れや飛び石なので補修、交換される事を考えていらっしゃる方は、もう一度この場をお借りして強くお勧めいたします。

※クールベールガラスは車種によって多少違いますが、通常のフロントガラス交換とほぼ同じであり、自動車車両保険適用商品なので、車両保険を利用しても、翌年の保険割引率が変わらないです。
(注:保険契約の内容により異なる場合があります)
弊社でガラス交換を希望の際は、トップページの連絡先まで問い合わせて下さい。

                                 AGC旭硝子
スポンサーサイト
コメント:
この記事へのコメント:
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/04/26(木) 13:22 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/29(木) 16:38 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/30(水) 03:31 | | #[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://3yujidousyagarasu.blog.fc2.com/tb.php/1-4bbd1cbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
管理人の承認後に表示されます
2012/11/25(日) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。